食の流儀、彩冬の食への想い
食の流儀

イメージ写真

料亭にも負けない食材選び
料亭にも負けない食材選び

「郷土の大地で育ったものを使って、郷土の水でこしらえる」。野菜はできる限り旬の地場産を使い、魚貝は岩手の三陸産を中心に選び、お肉は郷土の自然で育った命をいただく。旬が過ぎていい食材が手に入らなければ、旬を迎えた土地から取り寄せる柔軟性をもって。

イメージ写真

美味しい温度とタイミング
美味しい温度とタイミングび

「温かい料理は出来立てを、冷たいものは器までしっとり冷やして」。
美味しい料理には美味しい温度とタイミングがあります。あたりまえの仕事を正直にこなし、最高の料理を最高の状態で召し上がっていただく。
彩冬はおもてなしの心を持って、最善の状態で料理をお出ししています。

イメージ写真

苦手な食材やボリュームの調整をいたします
苦手な食材やボリュームの調整をいたします

苦手な食材やアレルギーなどがございましたら、事前にお伝え下さい。当日は代わりのお料理をご提案させていただきます。また「ボリュームを控えめに」「ご飯を多めに」など、可能な範囲でボリュームの調整も行なっております。こちらも事前にご要望をお伝えいただければ幸いです。


お料理のトップへ戻る

「お食事」についてのよくある質問はこちら

ページの先頭へ

お問い合わせ:電話0195-72-5344 電子メール
お問い合わせ